町田、相模原エリアを中心とした新築・中古戸建て、
新築・中古マンション、土地ならアティック カメリア ワークス

0120-17-6277

メールでのお問い合わせはこちら

アティックに聞いた

〈物件探し~ご契約~お引渡し〉までの流れや〈仲介手数料〉など、
皆さまの様々な疑問にお答えします。

不動産業界は他と比べてまだ閉ざされていると、身をおく我々も感じます。
〈物件探し~ご契約~お引渡し〉までの流れや〈仲介手数料〉の件など、皆さま様々な疑問をお持ちだと思います。
実際に探し始めると物件のことで頭が一杯になり、聞きたいことを聞けないまま、なにを聞きたかったのかさえも忘れて先に進んでしまう方が多いと感じます。
そこで、お客さまから実際に現場でいただくご質問に対して、我々がその場で応答しているような形で説明ができれば分かりやすいと考えました。
我々の素直な思いにふれていただき、当社のスタンスを少しでも知っていただければ幸いです。

〈 物件探し~ご契約 〉

良い物件を見つけるコツみたいなものってあるんですか?

信用できる営業を、お客さまと同じ目線で物件を探せるように育てることでしょう。そのためにはやはり、営業と一緒に物件をたくさんと見て回る=ご案内がベストです。この時に遠慮せず、物件に対しての良し悪しをしっかりと伝えることが大切です。現地でお客さまからいただく素直なご感想が、良い物件への一番の道しるべですから。これができれば営業がお客さまのご要望を深く理解し、むだな物件紹介や連絡を減らせます。ニーズを叶える新しい提案を受けやすくなりますし、良い物件が出た時には真っ先に紹介が来る理想的な状態になります。ネットやチラシだけの物件探しに行き詰まったら、ぜひご案内に出かけてみてください。きっと新しい発見があると思いますよ。

でも、案内や現地販売に行くとしつこく営業されてストレスだって聞くんですが…

確かに昔はそういう会社も多かったのだと思います。
今はお客さまに選ばれないといけない時代ですから、だいぶ改善されていますよ。
ただし一点、我々売買の営業は、家は借りるより買ったほうが良いと信じて働いています。
お客さまにとって良いと思う物件があれば自信を持ってお勧めしますし、その物件に人気が集まっていればご決断を急いでいただく提案をすることもあります。
そこでお客さまにストレスを与えてしまうと分かっていても。
〈買う、買わない〉のご決断前に物件が売れてしまうことが、結局お客さまにとって一番のストレスになってしまうことを経験してきているので。
ですからまだ下調べだったり先のお話などの場合には、そのことをしっかり伝えましょう。
良い物件が終わってしまってもご迷惑をおかけしない段階のお客さまなので、熱いお勧めはせず、ご決断をせまるようなこともないと思います。
それでもダメなら、その会社とは縁を切りましょう!(笑)

物件探しで、アティックの強みはどんなところですか?

たくさんのお客さまを抱えると、どうしてもお手伝いの質が落ちてしまいます。
そこで我々は経費を抑えることに力をそそぎ、少数のお客さまにしっかりと時間を割ける環境を作りました。わかりやすい資料作成や、時間の許す限りのご案内など、内容の濃いお手伝いができます。経費を抑えたことで、報酬(仲介手数料)を割り引けるもの強みのひとつです。通常なら予算オーバーの物件でも、仲介手数料を割引ける当社ならご契約いただける可能性があります。物件が同じ場合でも、手数料が安くなった分のお金を他にもある大切なことに使っていただけます。
また、報酬が通常より低い物件は会社として紹介できないことも多いのですが、経費を抑えた我々は市場に出回っている全ての物件を紹介できます。より多くの情報から比較検討ができるので、いくつもの不動産会社をかけもつ手間がはぶけます。
以上、しっかりじっくり物件を探されたいお客さまには喜んでいただける環境があります!

良い物件が見つかったらとりあえず抑えることってできるんですか?

不動産は他の商品と違って、同じものは一つとしてありません。ですから基本的に予約はできず、契約してはじめて物件を抑えられると考えてください。
そして、契約には銀行事前審査の承認が必要なケースがほとんどです。良い物件が見つかってから事前審査をしてももちろん良いのですが、結果が出る前に物件が売れてしまう事も…
皆さまが見て良いと思う物件は、他の方が見ても同様に良い物件ですから。
そんな悲しい事態を避けるためにも、物件探しと平行して事前審査をしておくことをお勧めします。
審査と聞くとためらってしまう方も多いのですが、自分の借りられる上限額や金利などがハッキリとわかり、より具体的にシミュレーションができて良いことづくしだと思いますよ。

良いなぁと思う物件があります。
契約しないと物件を抑えられない事はわかったんですが、なかなかその一歩が踏み出せなくって…

不動産は一生に幾度とない大きなお買い物ですから、そうなって当然だと思います。簡単ではないでしょうが、踏み出せない理由がどこにあるのかを冷静に自己分析してみてください。
まだ見たりないのであれば、同条件の物件を全て見切ってから再度検討しましょう。より真剣な比較検討ができますし、更に良いものに出会える可能性もあるのですから。
特別な理由はなくなぜか気乗りしないのであれば、今回はやめておきましょう。
ご契約される皆さまには毎回、「この物件は他に取られたくない!」 という強い気持ちを感じます。そのレベルに達していないということは、そこまで物件を気に入っていないか、まだ本当に家を買う気持ちになっていないかのどちらかですから。
物件に対して不安があるのであれば、先ずは契約前の義務である重要事項説明を受けてみては!?
法律関係を含めて、ご案内では確認しきれない細かい説明を受けられます。不安が解消されれば晴れてご契約ですし、説明を受けた結果契約をしなくてももちろん良いのですから。
どちらに転んでも、スッキリサッパリ次に進める事でしょう。

〈 ご契約~お引渡し 〉

晴れて契約となったら、その後の注意点はなにかありますか?

しっかりとした〈契約〜お引き渡し〉のサポートが受けられるのか? これに尽きますね。不動産業界では〈契約〜お引き渡し〉までの仕事を〈残務〉と呼ぶって、ご存知ですか?初めて聞いた時は違和感を覚えたものです…。呼び名からも想像がつきますが、次の、新規の契約に力を注ぎ〈残務〉を後回しにしてしまいがちな業界だったのだと感じます。ご契約前の話しになりますが、〈契約〜お引き渡し〉までを安心して任せられる担当、会社なのかどうかも、物件と同様に良く吟味しておく必要があります。

どこをみて、良いサポートが受けられるかどうかを判断すれば良いんですか?

普段の営業姿勢が丁寧でお客さまのペースを乱さず、ご質問やご要望の際は即座に対応してくれる営業、会社ならその後も安心して任せられると思います。
それに対して強引でお客さまのペースで物件を探せず、ご質問やご要望への対応が悪い営業、会社には注意が必要です。ご契約後も同じ流れが続く可能性が高いので。
物件探しだけでも大変なのに、営業や会社まで選ばなきゃいけないの!?という声が聞こえてきそうですが(笑)
確かにストレスだとは思いますが、ご契約後に後悔されても遅いので。

〈契約〜お引き渡し〉までのサポートの良し悪しで何が変わるのですか?

〈契約〜お引き渡し〉の間には借り入れ先の金融機関や登記関係、火災保険など、お客さまのお財布に直結する様々な選択が必要になります。
サポート=〈段取り〉が良いとそれぞれを分かりやすく検討できるので、ご自身にあった納得のいく選択ができます。
〈段取り〉が悪く時間に迫られての選択や、営業が自分都合で誘導した選択はストレスやトラブルの元ですし、金銭的に損をしてしまうことにもなりかねませんので、ご注意ください。

アティックではどんなサポートが受けられますか?

我々は〈契約〜お引き渡し〉こそ一番力を注ぐべき、大切な期間だと考えます。そして、しっかりと時間を割かなければ良いサポートはできないと言い切れます。
前にも述べた通り、少数のお客さまでやりくりができるよう経費を抑えた我々は、ここでもベストな環境を提供できます。お客さまの手となり足となることでご選択の幅を広げていただけますし、イレギュラーな事態にも即座に対応できます。
〈契約〜お引き渡し〉はそのまま新生活のスタートに影響します。スムーズに進むことが当り前のまま、気持の良いお引き渡しを迎えていただかなくてはいけません。そのために我々には、昼夜を問わず汗をかいて動き回る時間も覚悟もありますので。

〈 みんな気になる仲介手数料 〉

仲介手数料の額(%)って決まってるんですか?

結論から言うと、決まっていないんです。
受け取って良い上限額が物件価格の〈3%+6万円の消費税〉と決められているだけです。
実際会社の利益や経費、担当営業の手間は、契約のたびに毎回違います。
それであれば仲介手数料の割合を一定にする必要はないと、我々は考えています。

それでは仲介手数料に対して、御社のスタンスは?

当社は仲介手数料の割合を一定にはしていません。
契約ごとに〈利益と経費と手間〉を計算して、会社がやりくりできる最低限までそのつど割引きます。経費を抑えることを一番に考えているので、他社さんよりも割引ける自信があります。これがお客さまに数字として示せる、我々なりの誠意です。

最近、大手の不動産会社などが売主、買主の両方から仲介手数料を受け取る事を悪く言うような報道がありますが?

それは見当違いだと私は思います。 先ず大前提として、売主さま買主さまをそれぞれ別の会社で担当する場合、報酬(仲介手数料)は半分ずつとなり、両方から受け取る事はできません。
売主さまの物件を広告し、買主さまをご案内して引き合わせ、ご契約からお引渡しまでそれぞれをしっかりとサポートする。←この全てを一つの会社で行うのが、ご質問のケースです。
契約=それぞれのニーズを叶えられた結果ですから、両方から報酬を受け取って全くおかしくありません。
受け取る割合(仲介手数料の額)については会社によって方針が様々なので、お客さまのニーズに合った、共感できる会社をお選びいただければと思います。

以上になります。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
上記の詳細やその他ご質問、ご相談などがあれば、いつでもお気軽に当社までお問い合わせください。
皆さまが楽しみながら理想の住まいを手にし、気持ちよく新生活を始められ、さらなる幸せを育まれることを祈っております。